本文へスキップ

山形県衛生研究所は県民の皆様の健康と安全のために活動しています。

TEL. 023-627-1358

〒990-0031 山形県山形市十日町1-6-6

春のつつが虫病患者数予測scrub typhus

山形県の春のつつが虫病患者数予測結果(2017年)

 本県の木々もすっかり芽吹き、新緑の葉が茂る季節となりました。春と言えば山菜採り・農作業ということで、これから野山に出かける方が増えていくと思います。そのような中、心配されるのが「つつが虫病」です。山形県では、毎年、ゴールデンウィーク前後〜6月末を中心に、つつが虫病患者が発生しています。

 山形県衛生研究所では、本県における春のつつが虫病患者数と過去の気象データに関連性があることを見出し*、過去の気象データから翌春(未来)のつつが虫病患者数を予測する取り組みを行っています。

*Epidemiology and Infection, 145:462-470, 2017. (要旨はこちら)

予測結果:2017年春の山形県におけるつつが虫病患者数は平年並み

 春から秋の間で、野山に入ってから5〜14日後に発熱し、その後、発疹(全身のブツブツ)が出た場合は、つつが虫病を疑い、早めに医療機関を受診してください。

 つつが虫病は、有効な治療薬で早期に治療すれば完全に治りますので、過度に恐れる必要はありません。その他、つつが虫病に関する情報は、当所作成の パンフレット(1.13MB)を参考にしてください。

<計算方法>

 過去31年間(1984-2014年)の本県における春のつつが虫病患者数(図1)の増減と関連性の強かった4種類の気象データ(例 前年8月の平均気温 [図2])を用いて、未来のつつが虫病患者数を予測しています。過去31年間の春の平均患者数が約9.1人だったことから、予測された患者数を以下のとおり分類しています。

分類
図1 春のつつが虫病患者数(1984-2014年、山形県)


図2  8月平均気温と翌春のつつが虫病患者数の関係(1984-2014年、山形県)

これまでの予測と実際の結果

各年度をクリックすると過去の予測へリンクします
  年度        予測       結果(実際の患者数)
2017
平年並み    
2016
平年並み      やや少ない(4人)
2015
平年並み      やや少ない(4人)

バナースペース

山形県衛生研究所へのアクセス

〒990-0031
山形県山形市十日町1-6-6

TEL 023-627-1358
FAX 023-641-7486
生活企画部:627-1108
微生物部:627-1373
理化学部:627-1110