理化学部

県内流通農産物等残留農薬検査

 農薬は、野菜や果物を害虫や病気から守り、生産性を向上させる目的で使用されていますが、使用した農薬が残留して人の健康に影響を及ぼすことがないように食品衛生法により基準値が定められています。
 当衛生研究所では、食品安全衛生課の依頼により、県内に流通する農産物の安全を確保するための検査を行っています。

 検査の流れについては、こちら(PDFファイル)をご覧ください。


 検査結果は、山形県ホームページ及び厚生労働省ホームページをご覧ください。

   山形県・・・山形県ホームページ「残留農薬の検査結果

   全国・・・・・厚生労働省ホームページ「食品中の残留農薬等


畜水産食品の残留有害物質モニタリング検査

  畜水産動物の疾病の治療や予防を目的に動物用医薬品が用いられています。動物用医薬品の使用は畜水産動物の健康を守りますが、適正に使用されなければ畜水産食品中に残留して人の健康を損なう恐れがあります。そのため食品衛生法により基準が定められています。
 山形県では、「山形県畜水産食品の残留有害物質モニタリング検査」により、県内産畜水産食品の安全性を確保するための検査を行っています。

 検査の流れについては、こちら(PDF ファイル)をご覧ください。


 検査結果は、山形県ホームページ及び厚生労働省ホームページをご覧ください。

   山形県・・・山形県ホームページ「残留有害物質モニタリング検査

   全国・・・・・厚生労働省ホームページ「畜水産食品の残留有害物質モニタリング検査結果